どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

京都観光スポットの平安神宮へ初詣

こんにちは どうするべぇ? のヒデジローです。

 

 1月9日は、府外在住の竹馬の友と平安神宮へ初詣に出掛けました。

幼稚園、小学生、中学生時代とよく遊んだ仲間です。

昨年の1月に50年振りに再開し、今年も親交を深めました。

 

少し遅い初詣だったのですが、京都観光で人気スポットの『平安神宮』がとても素晴らしかったので紹介します。

 

〔目次〕

 

平安神宮

平安神宮は、明治28年に桓武天皇の平安遷都1100年祭を記念して創建された神宮です。

社殿は平安京の政庁の中心であった朝堂院の形式を、約1/2に縮少して復元したものです。(縮小といっても、その大きさには圧倒されます。)

比較的新しい神社ですが、国内外の観光客に大変人気のある観光スポットです。

大鳥居

f:id:hidejirokun:20190110134209j:plain

平安神宮を訪れる際に、目印となるシンボル的な存在で、朱塗りの美しい大鳥居です。

朱の大鳥居としては日本有数の大きさを誇り、その高さは24.4mもあるそうです。  

応天門(おうてんもん)

f:id:hidejirokun:20190110134239j:plain

(境内の中より撮影しています)

平安神宮の参拝は、先ずこの応天門をくぐるところから始まります。

その存在感には圧倒的されます!(人と見比べるとその大きさが伺えます)

平安京当時の朝堂院の南面正門にあたります。

大極殿(だいごくでん) 

f:id:hidejirokun:20190110134305j:plain


応天門をくぐった正面には大極殿があり、その奥には内拝殿や本殿が配されています。

その大きさや奥深さには、またまた驚かされます。

二礼二拍一礼にて、お参りしましょう。

大極殿にある授与所で、お守り、お札、干支の置物などを求めることが出来ます。

平安神宮神苑

f:id:hidejirokun:20190110134346j:plain
f:id:hidejirokun:20190110134414j:plain
f:id:hidejirokun:20190110134437j:plain

平安神宮の見どころのひとつに、自然景観の美しさを楽しむことができる「平安神宮神苑」があります。

社殿を囲むように東、西、南、中の4つの庭からなり、面積1万坪の回遊式庭園となっていて、明治を代表する庭園と言われています。 

(素晴らしい景観に見惚れて写真撮影が少な過ぎ、思うようにお伝え出来ません。)

あいにく冬季だったので地味ですが、春から初夏になると桜やスイレンなどが咲き誇り、華やかな景観になると思われます。

拝観料:大人600円、小人300円

時代祭

「時代祭」は京都を代表する三大祭りの一つで、平安遷都1100年、そして平安神宮の創建を祝う祭りとして有名です。

毎年10月22日に、京都御苑を出発地として、約2000人が2㎞の大行列となって、練り歩きます。

動く歴史絵巻とも言われ、華やかな衣装や山車は、見る者を平安時代にタイムスリップさせてくれます。

時代祭は、単なる仮装時代絵巻ではなく、使用されている衣裳や祭具は、忠実な時代考証を元に作成されているそうです。

アクセス

京都駅から平安神宮に向かうには京都地下鉄が便利です。

・京都駅から乗車し、烏丸御池駅で東西線に乗り換え、東山駅で下車します。

  京都駅⇒(烏丸線)⇒烏丸御池駅⇒(東西線)⇒東山駅

・地下鉄運賃は、片道260円です。

・東山駅から平安神宮までは、徒歩約10分です。 

周辺のスポット

 平安神宮周辺にも、色々な観光スポットがあります。

・〔岡崎公園〕:参道を挟む広大な公園

・〔京都市美術館〕:平安神宮より徒歩5分

(現在、再整備工事のため、本館は休館中で、別館のみ開催されています。)

・〔京都市動物園〕:平安神宮から徒歩10分

〔京都市勧業館みやこめっせ〕:平安神宮より徒歩5分

(地下1階にある伝統産業ふれあい館がおススメです。職人さんの実演も行われています。)

(ヒデジローも平安神宮参拝のあと訪れました。)

・〔南禅寺〕:平安神宮から徒歩12分

 

 

スポンサーリンク