どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

木のぬくもりを感じる手作り置時計〔こぼれぶどう〕

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

 

ヒデジローが趣味で取り組んでいる木工作品(置時計)の紹介です。

〔目次〕

前回作品「手作り置時計(花と蝶)」

前回は、「デザイン:花と蝶」を紹介しました。

 

太陽の下で、花に寄りそう蝶をイメージしています...?

 

木のぬくもりを感じる手作り置時計〔花と蝶〕

f:id:hidejirokun:20190206072037j:plain

今回作品「手作り置時計(こぼれぶどう)」

今回は、「デザイン:こぼれぶどう」を紹介します。

 

1年ほど前に作成しました。

次の写真は作成途中です。

f:id:hidejirokun:20190211231555j:plain

 

ぶどうが1個こぼれているのですが、どうですか...?

 

これで完成にしょうかと思ったが、今一つしっくりしなかった。

何か、全体に間の悪さを感じます。

 

もう一度デザインの練り直しです。 (\./)

 

左の空間に、何か図柄を追加したい。

 

候補として、「さくらんぼ」を思いつき、模擬的に確認したがしっくりしない。

 

ならばと、「小さなぶどう」を追加すると、こちらの方がスッキリした。

 

完成した作品が次の写真です。

  • 作品名: こぼれぶどう
  • 木材 : ホンジュラスローズ
  • サイズ: 80mm x 120mm x 25mm
  • 技法 : 木象嵌

f:id:hidejirokun:20190211232327j:plain


後から小ぶどうを追加したので、少しバランス悪い構図ですね。

でも、全体的には落ち着いた感じになったかな?

 

木象嵌(もくぞうがん):異なった色や木目の木片をはめ込んで模様をあらわす技法

 

お気づきと思いますが、図柄は丸や直線のみで描いています。

 

悲しいかな、今の私の技量や工具では、曲線が描けないのです。

 

一度チャレンジしたのですが、失敗して台木を没にしてしまった。 (* *)

歯がゆい思いですが、今後の課題です。

  

今回は、木材に「ホンジュラスローズ」を使いました。(前回は「カリン」)

 

ホンジュラスローズは色が濃く、デザインのコントラストがいいですね。 ^^ 

重さもあって、ドッシリしています。

 

しかし、木質が硬くて加工が難しかった!  * *;

この為、直線部が少しギザついています。

 

余りの硬さで、トリマーのビット先端がこの様に折れてしまった。  (> <)  

f:id:hidejirokun:20190212104841j:plain

 怪我をしなかったのが幸いだった。

 

この作品は、会社を退職する際に、後輩にプレゼントしました。

 

その後便りがあり、小学生の息子さんが、喜んで机の上に飾っているそうです。

 

こんなことを聞くと、また張りきっちゃいますね。 (^^♪

 

トリマテーブル(静音対策)

1.テーブル

直線の溝を彫るのに、「トリマテーブル」を用います。

 

テーブルは購入品ですが、箱は手作りです。 

 

興味のある方はこちらをご覧ください ⇒ トリマ天板セット

 

このテーブルのお陰で、正確な溝彫りが出来ます。

 (写真の机は仮に設置したものです。)

f:id:hidejirokun:20190212122009j:plain
f:id:hidejirokun:20190212121933j:plain

2.静音対策

トリマは、高速で回転するので、キーンと言った甲高い音が出ます。

 

住宅地に住んでいるので、ご近所に迷惑にならない様に気遣っています。

 

この為、トリマテーブルの内部には、消音用のスポンジや防振ゴムを貼り付けています。

効果の程は解らないが...?

 

また、小さなアルミBOXは、トリマの回転数を制御するものです。

 

回転数を出来る限り落として、騒音を小さくしています。

 

これも自作しました。 

この辺りは、元エンジニアなので得意分野です?

 

トリマは1代目が壊れたので、2代目(リョウビ MTR-42)を購入しました。

 リョービ(RYOBI) トリマ MTR-42 軸径6mm 628617A

 

買ってから気づいたが、1代目より回転音が静かなので嬉しかった。

 

電動工具をもっと買い揃えたいが、如何せん音が大き過ぎる!  (* *)

 

ヒデジローの夢

ヒデジローには夢があります、それはこれ!

 『作業音を気にしなくてよい 工作室 がほしい~!』

 

野山の1軒家でもいい、住宅地に防音装置を備えた密室でもいい...。

 

でも、工具の騒音に気遣いながら 、それはそれで良いのかも知れませんね。

 

何もかも万全だったら、工夫も努力も喜びもないのだから...^ ^)

 

また新しい作品を紹介します。

 

DIYシリーズ 新 トリマー&ルーター テクニック (Gakken Mook DIY SERIES)

DIYシリーズ 新 トリマー&ルーター テクニック (Gakken Mook DIY SERIES)

 

 

スポンサーリンク