どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

【花粉症対策】マスクしても曇らない「JINSくもり止めレンズ」を検証しました。

 こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

 

昨日の朝は、気温が低かったですが、時どき日が差していいお天気でした。

 

でも、朝からクシャミの連発で、たまらず鼻炎薬を服用していました。

 

 気分一新も兼ねて、午前中はスポーツジムに行ってきました。

 

 

みなさんイングルエンザの予防や花粉対策でマスクをされると思います。

 

でも、メガネを掛けていると、レンズが曇って困ったことはありませんか?

 

今回、眼鏡のJINSが発売している「くもり止めレンズ」で、くもり止め効果を確認をしてみました。

 

その結果をまとめましたので、ぜひ読んでみて下さい。

 

〔目次〕

メガネの曇り

マスクした時や、寒い屋外から温かい部屋に入った時は、メガネが曇って困りますね。

 

これは、冷えたメガネのレンズに、湿った温かい空気が触れると、レンズに水分が結露するからです。

 

夏場に、冷えたビールを注いだコップは、外側に水滴が付くのと同じ原理です。

 

先日、JINSの「花粉カットメガネ」を教えてくれ息子が、

 

今度は「くもり止めレンズ」を買ったと言います。

 

f:id:hidejirokun:20190201171202j:plain

詳細を聞くと、「花粉カットメガネ」のノーマルレンズを、「くもり止めレンズ」に買い替えたとのこと。

 

花粉症に悩む息子なので、いろいろと花粉対策に余念がないようです。

 

最近、JINSさんが、何かと新しい商品を売り出しています。

 

どうも、低価格路線から、高付加価値路線へ変更したみたいですね。

 

私もメガネを掛けていて、インフルエンザや花粉症の対策でマスクをすることがあります。

 

でも、少し息が荒くなると曇ってくる。 (+.+)

 

そのような時は、マスクをいじったりするが、曇りは一向に無くなりません。

 

ついつい、めんどくさくなってマスクを外してしまいます。 (* *)

 

そんなこんなで、「くもり止めレンズ」が信じられない思いなのですが...。

くもり止めレンズ

しかし、息子に聞くと「曇らない!」と言います。

 

半信半疑で、JINSのホームページで調べました。

 

確かに、「くもり止めレンズ」と記載してあります。

 

「くもりにくいレンズ」と書いてないのは、自信があるからでしょうね?

 

次の様な特徴です。

  • 構造:〔レンズ〕+〔吸水性ウレタン樹脂層〕+〔撥水・帯電防止層〕
  • 曇り止めの効果は1~2年
  • プラス5000円

 

吸水性で曇りを防止している様です。

 

これは、「何となく...」「ひょっとして...」の気持ちになってきました。

 どうなんでしょうか?

 

ヒデジロー的には、メガネの内側に超超小型ワイパーを付けてくれれば、速攻解消かと思いますが..?

 

若しくは、熱線入りレンズなんて..?

曇り止めの検証

早速、息子からメガネを借りて検証しました。

 

検証って程じゃないですが、

 

10℃に冷やしたメガネ を、
② マスクして 23℃の部屋 で 、
③ メガネを掛けて 3回息を荒くする

 

「普通のメガネ」と「くもり止めレンズ」の二つで測定しました。

 

測定結果の写真を、次に示します。

(モデルが悪いのはごかんべん下さい。)

f:id:hidejirokun:20190213224922j:plain
f:id:hidejirokun:20190213224948j:plain

(左:「普通のメガネ」 右:「くもり止めレンズ」) 

 

写真を見ると、左の「普通のメガネ」が曇り、右の「くもり止めレンズ」は曇っていませんね。

 

〔測定結果〕

  • 「普通のメガネ」は、曇りました。
  • 「くもり止めレンズ」は、曇らなかった!

 

でも、この条件だけでは、断定できないですね。

 

実際の使用環境(温度、湿度、マスク、呼吸など)ではどうなるのか?

 

実は測定を終えてから気づいたのですが、JINSさんのホームページには、「くもり防止効果も高い」との表現がありました。

 

万全ではないとのことでしょう。

 

また、効果の持続も1~2年とのことなので、留意しておく必要があります。

まとめ

次の内容から、「くもり止めレンズ」は、使用条件によっては期待できるのではないでしょうか。

  • 限定した環境(10℃に冷えたメガネ、測定室温23℃)だが、曇らなかった。
  • JINSさんも、「くもり防止効果も高い」と言っている。 

 

 購入する際に、体験出来れば一番いいのだが...?

 

口コミ等で賛否両論なのは、使用環境や使用条件が異なっているからでしょうか?

 

この外にも曇らない対策として、次の様な方法があります。

  • スプレーやジェルを塗布する
  • 曇り防止クロスで拭く

どれを採用するかは、コストや手間、効果などで判断することになるでしょうね。

 

いよいよ花粉飛散の本番に入ります。

日頃メガネが曇って困るとお悩みの方に、少しでも参考になればと思います。

 

 メガネの曇り止めグッズの一例をアップしますので、参考にして下さい。

【セット品】くり返し使えるメガネのくもり止めクロス 3枚 ×3個
 

 

スポンサーリンク