どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

シニアの星! 散髪屋オヤジのがんばるべぇ~

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

 

今朝の天気はよかったが、道路温度-1℃で寒かった~。

f:id:hidejirokun:20190218124908j:plain

君子欄

今日は、いつも通っている散髪屋のオヤジのお話を少し。

 

 〔目次〕

 

ヒデジローの髪型

会社勤めしていた頃は、髪型を7:3にピシッと決めていた?

 

だが、今は髪を短く刈っています。

 

夏場は頭に汗をかくし、細毛になり、ウエーブが掛かったりと持て余してる。

 

家族から「チョンチョンに刈ったら」とのアドバイス。

 

アドバイスに従って、散髪屋に出かけてチョンチョンにカットした。

 

仕上がりを見てみると、なかなか良いではないか。

 

家族も笑いながらホメてくれる。  (+ +)

 

左右に分ける必要もなく、洗髪も簡単で気に入った。

 

なによりも、散髪に行くのも2ヶ月半に一度で経済的だ。

 

 

散髪屋でのおしゃべり

先週、近所の馴染みの散髪屋に行った。

 

この散髪屋には、30年近く通っています。

 

店主のオヤジさんは、ヒデジローよりも10歳くらい年上かな?

 

「いつも通りに」と言うと全てが通じてよろしい。

 

ヒデジローが鮎釣りの好きな事を知っていて、よく聞いてくれます。

 

時どき釣れた鮎を届けると、喜んでくれる仲です。

 

あーじゃ、こーじゃと四方山話でまったりとした時間が経ち、心の洗濯です。

 

ふと思い出し、たずねました。

「オヤジさん、まさかこの冬に例の件はやってないよね?」

 

するとオヤジさん、こともなげにサラリと言いました。

 

「いや、この前の正月連休を利用して行ってきたんだ...」と

 

ヒデジロー

「え~、うそ!」 

 

 

山陽方面を歩く

このオヤジさん、最近「一人歩き」をしているのです。

 

去年の夏には、琵琶湖一周を達成している。

 

電車で出かけて行って、一日歩き、また電車で帰ってきます。

 

そして時間を作っては、また出かけます。

 

最初の頃は、「ふ~ん、ガンンバリますな」と相槌を打つ程度。

 

しかし昨年の秋ごろから、山陽方面を歩いているとのこと。

 

何でも目的地は「下関」らしい。(京都から)

 

ヒデジローもこの頃になると、

 

「いや~壮大なロマンですな!」

「シニアの星じゃないですか?」

 

など賛辞を送ります。

 

何でも、この正月連休に、2泊3日で歩いて「岩国」まで到達したそうな。

 

日に25km程歩くとのこと。

 

何もこの寒い時期にやらなくても!?

 

このオヤジさん、近年まで近隣の山を登っていた健脚家です。

 

早朝に自転車でトレーニングしているのを、何度も見かけている。

 

80歳間近だが、元気に現役を続けてらっしゃる。

 

なんでも、東海道や中山道を歩く「歩き旅ツアー」、「ウォーキングツアー」といったものも有るらしい。

 

ご参考までに       

中山道|歴史街道あるき旅・ツアー|クラブツーリズム

 

 

シニアの星を目指して

身近にこの様な人がいると、勇気づけられますね。

 

時折、ボランティアにも参加しているみたい。

 

最近のヒデジローは、仕事をリタイアした後、「どうするべぇ?」と心に迷いがあります。

 

どうも、ブログのタイトル「どうするべぇ? ヒデジロー」が、良くない..?

 

『かがやくシニアの星! ヒデジローの日々の歩み』とでも変えようか?

 

いやいや、今のヒデジローには「どうするべぇ?」が似合っているのだ!

 

もう少し修行を積み重ね、身も心も(ふところも)豊かに生きなければ...。 

 

ブログ読者の諸兄姉に認めてもらう迄は、このタイトルは温めておこう。

 

「はい、お待ちどうさん!」

オヤジのさんの声に、覚醒したビデジロー。 

 

ぬりつぶし「東海道五拾七次」の旅手帖_日本橋~見付宿編 (大人の趣味採集帳)

ぬりつぶし「東海道五拾七次」の旅手帖_日本橋~見付宿編 (大人の趣味採集帳)

  • 作者: クラブツーリズム講師会事務局
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ちゃんと歩ける中山道六十九次 東 日本橋~藪原宿

ちゃんと歩ける中山道六十九次 東 日本橋~藪原宿

 

 

 

スポンサーリンク