どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

絶対にしてはいけない忘れ物!

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

 

先日ブログにアップしたお花の「君子蘭」ですが、こんなに咲きました。

名前の通り気品を感じますね。

f:id:hidejirokun:20190225221023j:plain

満開の君子蘭

〔目次〕

 

スーパーで見つけた忘れ物

昨日は、買い物でスーパーに出かけました。

 

買い物途中にトイレに立ち寄り、出がけに洗面台でこんな物を見つけました。

f:id:hidejirokun:20190225220955j:plain

忘れ物のスマホ

最初は、ケースだけが置いてあるのかと思ったが、手に取ると本物のスマホです。


手を洗った時に忘れたのでしょう。  ++)

 

手を洗わなかったら、忘れなかったろうに...。

 

届けようと思ったが、慌てて探しに来ることもあるから置いておこうかと、2,3歩立ち去りかけた。

 

しかし、スマホは悪用され兼ねないし、高価なものだからと届けました。

 

人間、二つのことを同時にすると、どちらかに気がいってもう一方を忘れちゃうことがありますよね。

 

今回は、それでしょうか?

 

みなさんも、気を付けて下さい。

 

 

ヒデジローの忘れ物

偉そうなことを言ってますが、ヒデジローも忘れ物は何度か経験している。

 

忘れ物①

20代の後半に、スーパーでズボンを試着した際、後ろポケットに入れていた運転免許証を落としたらしい。

 

帰宅してしばらくするとスーパーから電話が掛かってきて、免許証を預かっているので取りに来るようにと。

 

すっ飛んで行って、「ありがとうございます」といって返してもらった。

 

「こんな大事なものを忘れて気づかんのか?」と言われて...。

 

 

忘れ物②

これは30歳の時だった。

休日に、妻と京都の四条界隈と八坂神社を散策して帰宅したらカメラがない!

 

カメラは、虎の子のお金で買った「一眼レフのOM-1」で大切にしていた。

  • あそこのカフェで休憩したなぁ~
  • どこそこからタクシーに乗ったなぁ~

 と思い出しながら、電話を掛けた。

 

カフェでは、「忘れ物はご座いません」との返事。

 

タクシー会社に電話すると、なんとカメラを預かっているとの返事。 ^^

 

早速、菓子箱を持ってタクシー会社に出向いた。

 

タクシー会社では色々と聞かれたが、「女性の運転手さんだった」と言ったら、即座に返してくれた。

 

よくタクシー会社の名前を憶えていたものだ。

 

 

忘れ物も、落とし物も、今よりも若い頃の方が多かった。

 

でも、これからはそうはいかないような気がする。

 

自分が忘れ物になりそうだ。

 

「わしは今、何でここに居るのかのう~?」  **)

 

「名前? さぁ~!」

 

ブログを一杯書いて、ボケない様に頭を鍛えよう! 

 

絶対にしてはいけない忘れ物

かれこれ二十数年前になろうか。

 

大阪に出かけて京都への帰り道。

 

確か、新大阪駅から新快速電車に乗って、入口横のイスに腰かけた。

 

電車が発車して暫くすると、向かいの入口に立っていた30歳少々と見受ける女性が騒ぎだした。

 

「赤ちゃんが..、赤ちゃんが居ない! どうしよう?!」と  *0*)

 

おおそうだ、確かベビーカーを押していたな...?

 

ホームにベビーカーを置いたまま、電車に乗車してしまったのだ!

 

こりゃ大変だ!!!

 

乗車口が同じだったので、少しは覚えていた。

 

相当うろたえて「車掌さ~ん!」と言って、車内を駆けていった。

 

無事車掌さんに会えたかなと心配していたら、静かに戻ってきた。

 

暫くすると、社内放送が流れた。

 

確か、

「先程、お連れ様をお探しのお客様、お連れ様は新大阪駅でお待ちですので・・・」

と言った内容だったと思う。

 

0歳児のお連れ様?  新大阪駅でお待ち?

 

何か違和感を覚えながら聞いていた。

 

だが、

「先程、赤ちゃんを忘れられたお客様、赤ちゃんは新大阪駅で無事保護しておりますので・・」

とは言えないだろう。

 

でも、よかった、よかった、本当によかった!  ^^

 

お母さんはケイタイをしていたのかな..?

 

あの赤ちゃん、今はお父さんかお母さんになっているのかな。

 

車掌さんの機転を利かせたアナウンスには感心した。

 

ヒデジローだったら、

「先程、赤ちゃんを忘れられたお客様・・・」

と放送してしましそうだ。

 

みなさん、このような忘れ物は、絶対にしないでくださいね!

 

遠い昔のことだが、なぜか思い出した。

  

スポンサーリンク