どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

手作りの木製置時計(庭の花)~花模様の製作手順~  紅梅も咲きました!

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

 

今朝は天気も良くウォーキングに出かけました。

 

帰り道に、図書館中庭の紅梅の開花状況を見てきました。

 

なんと、あれだけ遅れていた紅梅が開花しているではないですか!   ^^)

 

しかも、紅梅と白梅の共演が見られました。

 

これまで2回に渡り梅の開花状況をお知らせしてきたが、ようやく咲き揃いました。

f:id:hidejirokun:20190302161751j:plain

紅梅と白梅の共演


 

ヒデジローの趣味の一つが木工で、最近は小さな置時計を製作しています。

 

今回は、手作りした置時計の第3作を紹介します。

 

〔目次〕

  

第3作(庭の花)

この置時計は1年ほど前に作成しました。

  • 作品名: 庭の花
  • 木材 : カリン
  • サイズ: 87mm x 160mm x 30mm
  • 技法 : 木象嵌

 

f:id:hidejirokun:20190221181444j:plain

第3作 庭の花


 

第1作の「花と蝶」を少し賑やかにしました。

f:id:hidejirokun:20190206072037j:plain
f:id:hidejirokun:20190211232327j:plain
第1作 花と蝶  第2作 こぼれぶどう

 

この第3作は、3歳の娘さんがいる後輩にプレゼントしました。

 

会社のイベントに娘さんを連れてきていたが、とても可愛かった。

 

今頃はどうしているかな...?

  

 

花模様の製作手順

花模様の製作手順を紹介します。

 

図案は一度試作板で作成し、デザインや加工手順を確認します。

 

次の写真は、第2作「こぼれぶどう」の図案を試作したものです。

 

写真のように一粒を色違いにしたり、抜いたりしたが、どうもブドウが痛んでいる様なイメージで止めました。

f:id:hidejirokun:20190301085210j:plain

試作の板

今回は、この試作板の裏側を使って、花模様の製作手順を示します。

 

電動工具

  • トリマー(ビットΦ1.5mm)
  • ボール盤(ドリルΦ0.9mm、フォスナービットΦ9.5mm)

 

図案の設計図

図案の設計図はいつも描いています。

f:id:hidejirokun:20190302100636j:plain

設計図

今回は、赤枠部の花柄を試作します。

 

 

図案の転写

①先程の試作板に、図案を両面テープで貼り付けます。

 

②花びらと中心の5か所のセンターを、ボール盤(ドリルΦ0.9mm)で印の付く程度に穴を開けます。

 

③図案用紙を剥がし取り、穴をマジック等で印します。

f:id:hidejirokun:20190301171121j:plain
f:id:hidejirokun:20190302103613j:plain
f:id:hidejirokun:20190302104833j:plain
図案の転写

花びら等のセンター位置が分かればOKです。

 

 

茎の加工

①最初に、花の茎をトリマー(ビットΦ1.5mm)で彫ります。

 

この時、トリマーテーブルを用いると綺麗に加工できます。

f:id:hidejirokun:20190302132647j:plain
f:id:hidejirokun:20190302132721j:plain
トリマで溝彫り

 

②彫った溝(1.5mm)に木工ボンドを薄く塗り、薄板(1.6mm)を圧入します。

 

(圧入前に、板の下側を丸い硬材で押さえて圧縮します。⇒「木殺し」)

 

(当て板をして、ハンマーで軽く叩いてはめ込みます)

f:id:hidejirokun:20190302132844j:plain
f:id:hidejirokun:20190302132936j:plain
薄板の圧入

 

 ③角材に張り付けた紙やすりで、平らにならします。

f:id:hidejirokun:20190302133126j:plain
f:id:hidejirokun:20190302133056j:plain
紙やすりで平らにする

 

 

花の加工

①ボール盤(フォスナービット9.5mm)で、花びらの1個若しくは対角2個の穴を開けます。

 

②穴に木工ボンドを薄く塗ります。 

f:id:hidejirokun:20190302152331j:plain
f:id:hidejirokun:20190302152425j:plain
花びらの穴開け

③市販の木栓9.5mm(テーパになっている)を圧入します。

 

④ステンレス板0.1mmを当てて木栓の頭をカットします。

 

 (ノコギリは、アサリなしを使用します)

f:id:hidejirokun:20190304073552j:plain
f:id:hidejirokun:20190304073621j:plain
アサリなしノコギリ   ステンレス薄板

 

f:id:hidejirokun:20190302152456j:plain
f:id:hidejirokun:20190302152552j:plain
f:id:hidejirokun:20190302152638j:plain
木栓の埋め込み


⑤花びらが接近しているので、隣り合う穴の同時加工は避けます。 

f:id:hidejirokun:20190304073922j:plain

 

⑥花びら4枚を終えたら、最後に花の中央部にに穴を開けて、色違いの木栓を埋め込みます。

 

この黒色の木栓は自作です。

f:id:hidejirokun:20190302153231j:plain
f:id:hidejirokun:20190302153314j:plain
花の中央部に木栓の埋め込み

 

⑥角材に張り付けた紙やすりで平らにならします。

 

(紙やすりは木目に沿って摺動し、木の表面に傷が付かない様にします)

f:id:hidejirokun:20190302153358j:plain

 

この様に加工して花模様を仕上げます。

 

木栓の木目を揃えると綺麗に見えます。(今回はランダムです)

 

花びらが多少被っているので、手間だが1個ずつ加工すると失敗しないで済みます。

 

 

オイルフィニッシュ

最後に木肌にオイルを塗ります。

f:id:hidejirokun:20190302153450j:plain

オイルフィニッシュ

色鮮やかになりましたね。

 

オイルは、子供も触ったりするので、オーガニックなものを使用しています。

 

『オスモカラー ウッドワックス(ノーマルクリアー)』

 

自然の植物油がベースで作られていて、次の表記があります。

 

「人体、動植物に対して安全です」 

 

f:id:hidejirokun:20190302160429j:plain

 

 

次作品の予定

次の作品の予定ですが、そろそろ図案を考えたいと思っています。

 

とんぼ、かたつむり、てんとう虫なども描いてみたいですね。

 

お花も直立したままだったが、風にそよぐイメージも入れたいです。

 

 

 

Z ライフソークラフト 145 本体 No.30023

Z ライフソークラフト 145 本体 No.30023

 

 

リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A

リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A

 

 

 

  

スポンサーリンク