どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

趣味のレザークラフト ペンケースを作成(その②)  平縫いと仕上げ

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

 

前回は、ペンケースの裁断と接着まで終えました。

今回は、ヒシ目打ちと平縫い、それから仕上で完成です。

 

〔目次〕

 

穴あけ

縫い線の引き

ディバイダーを用いて、エッジから3mmの所に縫い線を引きます。

f:id:hidejirokun:20190314122638j:plain

縫い線引き

やってみると、結構難しかったです。

ディバイダーの両先端が同じ長さなので、革のエッジを滑ることがある。

また、裏表両面のエッジを揃えておかないといけない。

  

ヒシ目打ち 

今回は、「6本目打ち」を用いて効率的に進めます。

f:id:hidejirokun:20190314135502j:plain

6本目打ち

穴の乱れも少なくなったように思います。

f:id:hidejirokun:20190314135305j:plain

目打ち

ベルトの個所は3枚重ねなので、「6本目打ち」を打ち込むと抜けないほど硬かった。

 

 

平縫い

糸は「麻糸(細)」の茶色を用いました。

平縫いは前回パスケースで経験したので、何となくコツは覚えています。

 

アクシデント発生

半分強を過ぎた頃、突然「糸切れ」のアクシデントが発生!

f:id:hidejirokun:20190314204435j:plain

糸切れ

仕方なく、裏側で堅結びし、新しい糸で再開です。

ようやく、平縫いが完了しました。

(完成の写真を見て下さい)

 

 

仕上げ

ヘリ落とし 

「へり落とし」工具を用いて、コバ(断面)の角を落とします。(面取り)

この工具、気持ちよく角が削れました。

f:id:hidejirokun:20190314205453j:plain

ヘリ落とし

磨き

コバに磨き剤(プロエッジ)を塗り、「ヘリみがき」工具で磨きます。

磨き剤が半乾きの状態で、工具の溝を沿わせて擦ります。

f:id:hidejirokun:20190314205921j:plain

ヘリみがき

エッジが滑らかになりました。

手触りが滑らかです。  ^^

 

形の整え 

ペンケースに膨らみを持たせるために、緩衝材を詰めてしばらく置いておきます。

f:id:hidejirokun:20190314210240j:plain

形の整え

 

完成

完成品はこちらです。

いかがでしょうか?

f:id:hidejirokun:20190315093340j:plain

完成

 

f:id:hidejirokun:20190315093410j:plain

完成

革の色もいいですね、キャメル色というのでしょうか。

今回は、革と同色系の糸を使ったので、少し地味に仕上がりました。

レザークラフトは、糸の色使いが決めてにもなりますね。


これまで欲しかったペンケースが出来上がりました。

早速、ペンを入れて使います。

 

このペンケースであれば色違いを作り、誰かにプレゼントできるかな...?

型紙も残してあるので。

 

レザークラフトを始めてから2作品目を完成したが、楽しいですね。  ^^

ハンドメイドは多少出来が悪くても、愛着があります。

 

次作品は、まだ思案中です。

(ブックカバー、手帳カバー、ペンケースの改良版 etc.)

 

 

協進エル 仕立て工具 ディバイダー (ネジ式皮革コンパス) 1153015 53015

協進エル 仕立て工具 ディバイダー (ネジ式皮革コンパス) 1153015 53015

 

 

クラフト社 革工具 へりおとし No.1 0.8mm 8421-01

クラフト社 革工具 へりおとし No.1 0.8mm 8421-01

 

 

スポンサーリンク