どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

趣味のレザークラフト ブックカバーの作成 裁断と接着


こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

レザークラフトの第4作目で、ブックカバーを作成します。

〔目次〕

 

ブックカバー

本を読むのは、結構好きなほうだと思います。

書店で本を購入するときは、ほとんどカバーを掛けてもらっている。

電車やカフェで読んだりするが、裸本だと気になるのでカバーを掛けています。

読み終えた本は書棚に戻しますが、本のタイトルが解らないのでカバーは外しています。

紙カバーを付けたり外したりするのが煩わしい。

この為、市販のブックカバーを探したが、分厚かったり、価格が高かったりして気に入ったのがなかった。

そんなこんなで、ハンドメイドのブックカバーを作ることにしました。

 

革材料

余りかさばるのも嫌なので、厚さ1mmの材料を探した。

いつものクラフトコーナーでは、殆ど1,2mm以上で1,600円程します。

特価品コーナーで、あれやこれやと調べていたら、

有りました!!

厚さ1mmで540円です。

f:id:hidejirokun:20190329230426j:plain

革材料

でも、何か革ぽくない柄ですね。  **

いや、いや、

結構おしゃれかも知れない...?

何はともあれ、薄手の材料はこれしかないので、これに決めました!

 

裁断

ブックカバーなので、型紙は省略して裁断したのがこちら。

f:id:hidejirokun:20190330091209j:plain

表面

f:id:hidejirokun:20190330091047j:plain

中面(仮置き)

特徴と言うほどでもないが、

  • 右側には、くり抜きのしおりを付けています。
  • 左側には、本の抑えベルトを設けています。

 

接着

エッジから3mmの幅で接着剤(サイビノール)を塗って、貼り合わせます。

f:id:hidejirokun:20190330103943j:plain

仮置きと変わらない写りになってしまいました。 

f:id:hidejirokun:20190330104147j:plain

接着済み

左右の革のムラは、少し汚れがあったのでアルコールで拭いたら出ちゃった。

中面なので、まあいいか~。

これからは、気を付けよう!

 

と言ったところで、

本日の作業は、ここまでとします。

次回は、ヒシ目打ちと平縫いで完成になります。  ^^

 

 

お濃茶ラングドシャ 茶の菓10枚入り

お濃茶ラングドシャ 茶の菓10枚入り

 

  

 

 

京都伏見の甘味くずきり 20食入り

京都伏見の甘味くずきり 20食入り

 

 

 

スポンサーリンク