どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

趣味のレザークラフト 青いペンケース(その②) ヒシ目打ち&平縫い&仕上げ

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

第6作目のペンケースを仕上げます。

〔目次〕

前回の内容

前回は、裁断したパーツを接着し、コバ(断面)をヤスリでならしました。

第2作の反省から、第6作は一つの型紙から前面パーツと後面ーツを切り抜きました。

この為、外周がよく重なり合い、フォルムの乱れが少なく出来ました。

f:id:hidejirokun:20190412075424j:plain

接着後

縫い線引き

ヒシ目打ちをする前に、ディバイダーなどで縫い線を引きます。

エッジから、3mmのところです。

 

ヒシ目打ち

ヒシ目打ちを用いて、縫い線上に菱目を開けます。

菱目の並びが乱れると、ステッチも乱れるので慎重に開けます。

ベルト部は革が3枚なので、特に注意が必要です。(手前側が少し乱れている)

f:id:hidejirokun:20190413190354j:plain

ヒシ目打ち

平縫い

今回、糸は〔麻、細、エンジ色〕を用いました。

糸が長く、両端に針が付いているので、マグネットシートを2枚用いて針置きにしています。

針を見失ったり、糸のもつれが無くなります。

参考までに、縫う手順を大まかに示しました。

1.①の針を前面から後面に通す       2.②の針を後面から前面に通す

f:id:hidejirokun:20190413190456j:plain
f:id:hidejirokun:20190413190611j:plain

 

3.②の針を前面から後面に通す       4.①の針を後面から前面に通す 

f:id:hidejirokun:20190413190651j:plain
f:id:hidejirokun:20190413190731j:plain


1~4を繰り返します。

2本の糸が交差しないように気を付けます。 

ようやく、平縫いを完了しました。

f:id:hidejirokun:20190413191611j:plain

前面

f:id:hidejirokun:20190413191258j:plain

後面

 

コバ磨き

 

コバ(断面)磨き
未だ初心者ですが、これ迄に知りえたことや気づいたことをまとめました。

代表的な磨き剤として、「トコノール」があります。
(ヒデジローは、「プロエッジ」を使っています。)
コバ磨きは、「プレススリッカー等を」用いて磨きます。
(ヒデジローは、「ヘリみがき」を使っています。)

【磨き方】
1.先に、コバを紙ヤスリで削って整えておきます。
2.綿棒などで、コバに磨き剤を塗ります。
3.スリッカーなどで磨きます。

f:id:hidejirokun:20190314205921j:plain


吟面(表面)に磨き剤が付くとシミになったりするので、付かない様にします。
(付いてしまった場合は、湿った布などで拭きとります。)

 

 磨き終えたコバは、滑らかで光沢があります。

手触りがいいですね。

f:id:hidejirokun:20190413191337j:plain

コバ磨き完了

完成

これで完成です。

f:id:hidejirokun:20190413205429j:plain

完成

f:id:hidejirokun:20190413205510j:plain

完成

 第2作よりもスリムになり、丁度ペンが3本収納できます。

このペンケースは、長男へのプレゼントに作りました。

10連休に帰省するとのことなので、その時に渡そう。  ^^

 

 

 

 

クラフト社 革工具 ヘリみがき 8685

クラフト社 革工具 ヘリみがき 8685

 

 

スポンサーリンク