どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

鮎の友釣り 仕掛け作りを開始!〔天井糸〕  

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

ぼちぼち友釣りの仕掛け作りを始めました。

〔目次〕

鮎竿

友釣りは長竿を使いますが、一般的に9m竿がよく使われています。

ヒデジローは、メインに8.5m竿を使い、川幅の狭い川では7.5m竿を使っています。

f:id:hidejirokun:20190502010025j:plain

愛竿


仕掛け

仕掛けとは、魚を釣るために、糸、針、目印などを組み合わせて仕立てたものです。

竿の長さとほぼ同じ長さの仕掛けが必要です。

市販品もあるのですが、ヒデジローは全て自作しています。

 

f:id:hidejirokun:20190502004026p:plain

仕掛け簡易図


 仕掛けは主に3つの部分からなっています。

( )内はヒデジロー仕掛けの寸法です。

  • 天井糸 :竿先と水中糸をつなぐ糸です(4.5m~5.2m  遊動式)
  • 水中糸 :文字通り水中に浸かる糸です(4m)
  • 鼻環回り:オトリアユを鼻環でつなぎ止めたり、野アユを掛ける針が中ハリスに付いています(35cm)

 

天井糸の作成

天井糸は、次の要素を考慮して作ります。

  • 竿先の取付け
  • 水中糸の接続
  • 長さ調整のアジャスタ

こういったことを、合理的でトラブルが生じ難い作りを考えます。

 

写真の右半分が、全てではないが主な材料と工具です。

左の円盤が仕掛けを巻き取る「仕掛巻」です。

f:id:hidejirokun:20190501160240j:plain

  • 仕掛巻(赤):8.5m竿用
  • 仕掛巻(緑):7.5m竿用

自作の収納ケースに仕掛巻を収めて、ベストのポケットに入れて持ち歩きます。 

f:id:hidejirokun:20190501160709j:plain

仕掛巻の収納ケース

竿が長いので木の枝に引っ掛けたり、トラブルが生じてロスるので、夫々2セット又は3セット携行しています。

 

手動で仕掛巻に巻き取る「スプール」です。

人指し指を穴に掛けて回します。

簡単に巻き取りが出来、いつも感心しています。アイデア商品ですね。  ^^

f:id:hidejirokun:20190502011808j:plain

スプール

今日は、6セットの天井糸を作成しました。

仕掛け作りも楽しいひと時です。  ^^

 

スポンサーリンク