どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

鮎の友釣り 上桂川に釣行(6/18)

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

6月18日に、上桂川に鮎釣りに出掛けてきました。

 

〔目次〕

上桂川

京都市内の河川

上桂川は京都市内にあります。

(市町村合併で京都市になりました。)

その昔、上桂川の鮎は御所に献上されていたそうです。

この川は、アユの友釣りでは有名な河川です。

f:id:hidejirokun:20190620193722j:plain

 

f:id:hidejirokun:20190620193907j:plain

 

友釣りのプロが一杯

毎年、各地でアユ釣り競技大会が開かれますが、この地から幾多の優勝者が出ています。

また、漁師さんが居られるとも聞いています。

ヒデジローなんざ、ひよっこみたいなものです。  *o*

 

アプローチが容易 

里の清流なので、河原へのアプローチが容易です。

こんな階段も用意されています。

この点はシニアに優しい河川といえます。

(釣果は厳しいです ><)

f:id:hidejirokun:20190620193452j:plain

 ヒデジロー宅から50kmと近場なので、ホームグランドにしています。

 

解禁後2日目

解禁が16日だったので、今日は解禁後2日目です。

少し出発が遅れて、川に着いたのは9時半ごろ。

平日ですが、大勢の釣人さんです。

めぼしいポイントは、既に竿が出ています。

 

オトリ屋さんに立ち寄り、オトリアユを購入します。

生憎今日は養殖オトリしかありませんでした。

 

ヒデジローの(公然の)秘密のポイントは、

昨年の台風で土砂で埋まっていました! *0*

 

初めての場所ですが、ここに入ることにしました。

平瀬と言うのか? 平坦な流れです。

川底には石が敷き詰まっていますが、顔を出すような大石はありません。

今日はどうるのでしょうか...?(一抹の不安!)

 

f:id:hidejirokun:20190620193523j:plain

 

ヒデジローから見渡せる下流域です。

f:id:hidejirokun:20190620193632j:plain

 

苦戦にもめげず!

かなり厳しい状況で、思い出した頃に掛かる程度です。

f:id:hidejirokun:20190620193404j:plain

 

追いが弱いのか、針外れが3度ほどありました。 *0*

2時間程経ったら、上流、下流隣りの釣人さんが居ません。 

どこか場所代わりしたのでしょうか?

あの手・この手を駆使するが、芳しくありません。

この様なフラットな川では、竿抜け箇所も期待できません。

 

でも、でも、諦めてはいけません!

上流側に少し流れが速い瀬が見えます。

先に居た釣人さんは、確かこの瀬を避けていた様だった...。

少し大きな元気アユが釣れたので、このアユを持って瀬に向かいます。

 

先ず、流心にアユを入れました。

流れに負けずに、元気に泳いでくれます。

とその時、ガッガーン!と鮎が掛かりました。

期待していたとはいえ、少しビックリ!?

慎重に取り込みます。

無事獲り込んだアユは、オトリアユと同じ位の大きさです。 ^0^

このアユをオトリにして、もう一度瀬に入れます。

でも、流心では掛かりません。

対岸寄りのへちを泳がせていると、何と掛かりました!

先程よりは、少し小ぶりですが元気アユです。

 

これ以降は、またしても沈黙です。

時計を見ると3時です。

10時頃に釣り出したので、殆ど5時間釣りっぱなしです。

ここで潔く竿を仕舞いました。

 

今日の釣果

釣れたアユは8匹ほどと思っていたが、11匹釣れていました。

解禁直後の今の時期、20匹は釣れて欲しかったな。

サイズは14~17cmです。

f:id:hidejirokun:20190620193256j:plain

 

 川を上がった時に、こんな可憐な花が出迎えてくれました。 ^^

f:id:hidejirokun:20190620193329j:plain

 

帰りは、道の駅で仮眠を取って帰りました。

比較的近場なので、2時間弱で帰宅しました。 

 

スポンサーリンク