どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

趣味の木工芸 手作り掛け時計のリニューアル

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

ヒデジローの趣味の一つに、木工芸があります。

以前に作った木製掛け時計のリニューアルの記事です。

 

〔目次〕

 

木製掛け時計

この掛け時計は、5~6年前に製作したと思います。

直径は20cmで、それ程大きくはありません。

製作当時の姿

製作した当時の写真です。

f:id:hidejirokun:20190704233731j:plain

製作当時

時計盤面の丸印は、「木象嵌(もくぞうがん)」と言って、色の異なる木片を埋め込んでいます。

木片は、自然の色合いです。

盤面に木片をキチッと埋め込んでいるのがミソです!

木工のドリルで開けた穴に木栓を埋めるのだが、穴径より0.2mm程太い木栓を準備するのが大変だった。

 

作り方に興味のある方は、次の記事を参考にして下さい。

手作りの木製置時計(庭の花)~花模様の製作手順~ 紅梅も咲きました! - どうするべぇ? ヒデジロー

 

現在の姿

最近撮った写真です。

f:id:hidejirokun:20190707114329j:plain

現在の姿

(秒針は当時とは異なり、木製に置き換えています。)

盤面がくすんで見えますね。

埋め込んだ小さな赤色の木片も、こげ茶色ぽっくなっています。

最近、この時計を眺めていたら、

「こんな地味だったっけ?」

と気づきました。

 

リニューアル

元の色合いに戻す為に、盤面をサンドペーパーで磨きます。

その前に、時計の針とムーブメントを外しました。

f:id:hidejirokun:20190707125202j:plain

分解

当時を思い出して、懐かしくなりますね。 ^^

あの頃は、時計作りに没頭していたな...。

 

きめの細かいサンドペーパーで磨きます。

当時の木肌が、徐々に蘇ってきました。 ^^

 

製作時の姿に復活

サンドペーパーで磨いた後、ワックス掛けをしました。

f:id:hidejirokun:20190707124919j:plain

リニューアル後

明るくなり、製作当時の姿に復活しました。 ^o^

写真では解り辛いですが、3,6、9、12時以外の木栓の赤色も大分戻っています。

 

木工作品は、温もりがあっていいですね。

手作り品は、手軽に手を加えられるのもいいです。

また壁に掛けて楽しみます。

 

その他の作品

掛け時計は1個だけだが、置時計は何個か作っています。

出来上がると、友人・知人にプレゼントするので、手元にはほとんど残っていません。

デザインの変遷順に並べてみました

f:id:hidejirokun:20190206110702j:plain
f:id:hidejirokun:20190206110729j:plain
作品①   作品②
f:id:hidejirokun:20190206072037j:plain
f:id:hidejirokun:20190707073441j:plain
作品③ 花と蝶  作品④ こぼれブドウ

 

f:id:hidejirokun:20190707073515j:plain

作品⑤ 庭の花

木のぬくもりを感じる手作り置時計〔花と蝶〕 - どうするべぇ? ヒデジロー

木のぬくもりを感じる手作り置時計〔こぼれぶどう〕 - どうするべぇ? ヒデジロー

 
段々と洗練されたデザインになっていますね。 ^^ 

 

今思い返すと、

「こんなきめ細かなことを、よくやっていたな!」

と思います。

 

最近は、木工芸はにすっかりご無沙汰しています。

鮎のシーズンが終えたら、またやってみようかな?

その時はブログにアップしますので、みなさんまた見て下さいね。 ^^

  

スポンサーリンク