どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

趣味のレザークラフト キャメル色のペンケース(その② 完成)/妻へのプレゼント

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

妻にプレゼントするペンケースが完成しました。

 

〔目次〕

 

ヒシ目打ち

先ず、ペンケースの外周に、デバイダーで縫い線を引きます。

f:id:hidejirokun:20190715222947j:plain

参考:デバイダーと縫い線

この縫い線上に、ヒシ目打ちで菱目の穴を開けていきます。

 

穴が直線的に揃っていると、縫製後のステッチが美しく見えます。

でも、ヒデジローはこの菱目を打つのが、少々苦手なんです。

乱れると、「手作り感があっていい!」なんて開き直っているんですが...。 **

f:id:hidejirokun:20190715170340j:plain

菱目

今回は気合を入れたからか、比較的綺麗に揃いました。 ^^

 

乱れない菱目穴
菱目穴は縫い線上に開けますが、縫い線はデバイダーを外周に沿わせて描きます。この為、外周がデコボコしていると、縫い線が乱れ、菱目穴の直線性が乱れます。上部、下部を貼り合せる場合は、特に端面を綺麗に(削り)揃えましょう。
 
 
ペン収納部とかぶせ部は、ヒシ目打ちを当てる方向が逆になります。
常に、表側から開けます。

注意が必要です!

f:id:hidejirokun:20190715170424j:plain
f:id:hidejirokun:20190715170500j:plain
ヒシ目打ちの方向

平縫い

糸は、〔麻、細、白色〕を用いました。

白糸が鮮やかに目立っていますね。

今回は菱目穴を出来るだけ一直線に揃えたので、比較的きれいな縫いが出来ました。

平縫いA面

右半分(収納部)が、\ \ \ \ \ \ の縫いになっています。(装飾部) 

f:id:hidejirokun:20190715170605j:plain

平縫い(A面)

平縫いB面

左半分(かぶせ部)が、\ \ \ \ \ \ の縫いになっています。(装飾部)

f:id:hidejirokun:20190716223636j:plain

平縫い(B面)

仕上げ処理

ペンケースの外周をサンドペーパーでならします。

「へり落とし」工具で、面取りもします。

f:id:hidejirokun:20190715224439j:plain

参考:へり落とし

最後に、コバ磨き剤で磨いて完了です。

 

完成

ペンケースが完成しました。

白糸がよく目立って綺麗ですね。

f:id:hidejirokun:20190715171912j:plain

完成したペンケース

 

糸の色使いは難しいですね。

今回は、よく目立つ無難な白糸を使ったのだが...。

 

ベルト部もデザイン変更して良くなりました。 ^^

1作目、2作目の写真です。(裏貼りはありません)

f:id:hidejirokun:20190714203042j:plain
f:id:hidejirokun:20190714203125j:plain
1作目   2作目

 

裏貼りをしたので、少し高級感が出たかな?
ピンク色の裏貼り?(コメントは控えます?)

f:id:hidejirokun:20190715172409j:plain

ピンクの裏貼り

このペンケースは、ペンが2本収納できます。

手ごろなサイズかなと思います。

 

プレゼント

妻へのプレゼントがようやく完成しました。

f:id:hidejirokun:20190715172738j:plain

プレゼント

手作りのペンケース、気に入った様子で喜んでくれました。 ^0^

「ピンクの裏貼りが可愛い」とか申しておりました。

このペンケースに合う「myペン」を買ってくるとか...。

(持ってたんじゃなかったのかい?)

 

スポンサーリンク