どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

作詞家ヒデジロー/処女作「ゴーネンシーィ!」の誕生悲話?

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

突然ですが、

作詞家ヒデジロー

を紹介をします。

 

〔目次〕

 

クラスの歌

あれは、小学5年生の時だった。

 

f:id:hidejirokun:20190725210821j:plain

 

担任の先生が、クラスの歌を作ろうと言いだした。

全員が歌詞を作って、一番いい歌詞をクラスの歌にするとのこと。

詩は好きだったが、余り気乗りしないヒデジロー。

適当に書いて出しておいた。

その時、クラスは「C組」だった。

 

ベスト5の発表

ある日のこと。

先生が、クラスの歌詞の ベスト5を発表した。 

上唇と鼻の間に挟んだエンピツが、コトンと落ちた!

えっ! ヒデジローの作詞が、ベスト5に入った? *0*

★やべ~! と思いつつ嫌な予感がした。

 

f:id:hidejirokun:20190725210940j:plain

 

校長先生

話は、それだけでは終わらなかった。

このベスト5の作品を、校長先生に見せて、最優秀作品?を選んでもらうとのこと。

★うそだろう? と戸惑いと後悔が...。

理由は解んないが、

★選ばれる訳がない! と勝手に決めていた。

 

最優秀作品の発表

その後、すっかり忘れていた。

ドッチボール、ソフトボールと楽しい日が続いた。 

 

ある日突然、担任の先生から

「校長先生に選んでもらいました」

との報告があった。

 

一同、シ~~ン!

★アワード1960!🏆(多分この年代)

★最優秀作品:

ヒデジロー作「5年C!」

 

f:id:hidejirokun:20190725213312j:plain

 

ヒデジロー、

 ★顔、真っ赤‼️ 👀

 ★耳たぶまで、真っ赤❗ 👂💥

 ★おつむの中は、真っ白 😵

 ★も~ 絶望的! 

 ★ど、どうするべ~ぇ?

 

衝撃の一言

更に、追い打ちを掛けるが如く...。

師曰く、

「音楽担当のXX先生に、作曲してもらいます」と。 

 ★もう止めてくれ~! と絶叫。

 

不登校寸前?

それから、音楽の時間になると、最初に全員でこの歌を歌った。

穴があったら入りたかった。*o*

★音楽の授業の日は、何故かお腹が痛くなった!

★転校したくなった。

★(好きだった)ミッちゃんも 笑っていた? 💔

 

f:id:hidejirokun:20190725210855j:plain

 

小さな胸を痛めたヒデジロー!

ようやく6年生に進級した時は、心底ホットした。

それ以降、作詞なんかするものでないと、心に決めた。

最初で最後の作詞だった。

  

かわいい小学生の思い出。 ^o^

 

どんな歌詞?

どんな歌詞だって?

それって、聞く~? 😆👂

 

大半は忘れたが、少しだけ覚えている。

   〇〇〇〇〇〇〇〇〇

   △△△△△△△△

   ▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢

   今日も、ぼくらの心は

  日本晴れ ♪

   ◇◇◇◇ 5年C~ ♬

 

、笑うな~!

 

スポンサーリンク