どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

夏休みの宿題/苔再生への取り組み!

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

夏休みの宿題の苔の再生です。

 

〔目次〕

 

ホラ吹き

苔に魅かれて育ててきたのだが、どうも元気がなくなて...。

いえいえ、私じゃないですよ。

コケが元気ない のです。 *0*

トレーで育てているスナゴケです。

f:id:hidejirokun:20190731105926j:plain

6月末頃の姿

 

f:id:hidejirokun:20190731104919j:plain

7月20日頃の姿


茶色や黒色に変色しているのが解りますね。

他のヒノキゴケや苔玉も同じような感じです。

 

夏休みの宿題に、

「コケを青々とした姿に蘇らせます!」

などとホラを吹いてしまった。

早速、

「楽しみにしています!」

などの声援を頂いた。

プレッシャーを感じているとブログに書いたら、

またイジられた。 ^O^

 

スナゴケの再生

先ずは、トレーで育てている「スナゴケ」の再生に取り組みます。

スナゴケの成長不良は、

『快適な環境じゃない!』

からと考えます。

 

スナゴケの特徴

もう一度、スナゴケの特徴を復習しました。

  • 直射日光に強い
  • 比較的乾燥した場所を好む
  • 強い湿潤環境にはなじまない
  • 水捌けの良い用土を用いる(川砂、赤玉土、軽石 etc.)

 

コケの観察

これで頭の準備は整いました。

先ずは、「観察」から始めます。

  • フム、フム!
  • なるほど、なるほど!

観察結果です。(超真面目!)

  • 中心部分は、比較的青く育っている
  • 周辺部は、黒くジメジメしている

 

観察結果のまとめ

観察して解ったこと。

  • 水はけが悪く、水が溜まっている
  • 全体に湿度過多である

容器には、水抜き用の小穴が2ヶ所開けてある。

しかし、位置が高く十分に排水機能を果たしていない。

 

<まとめ>

常時トレー内に水が溜まり、成長を阻害している。

 

改善策

水捌けの良い容器 に変更する。

<変更案>

  1. 素焼きの容器 or 軽石の容器を用いる
  2. 今のトレーに沢山の穴を開ける

今回は、2の案でいきます。

 

スナゴケをトレーから取り出し、ボール盤を使って穴を開けました。

(どの様な工具を使うにしろ、容器の側面に穴を開けるので、怪我しない様に!

 

f:id:hidejirokun:20190731104011j:plain

 

かなりの数を開けました!(穴径は、直径6mm)

f:id:hidejirokun:20190731104058j:plain

 

底には、穴を開けていません。

(花台に置いた時など、水漏れを避けるため)

 

コケの植替え

沢山の穴を開けたトレーに、スナゴケを植え直した。

 

元の用土の水捌けが悪そうなので、手持ちの「桐生砂」を加えた。

写真のまばらな白い小石が桐生砂です。

(軽石、鉢底石を砕いたものでもいいと思う)

 

f:id:hidejirokun:20190731104207j:plain

桐生砂を混ぜた用土


コケの裏側です。

 

f:id:hidejirokun:20190731104304j:plain

コケの裏側

植替え後の姿

水捌けが断然よくなりました

これでも傾けると未だ水が流れ出ます。

茶色に変色した葉先は、前もって刈り込んでいます。

 

f:id:hidejirokun:20190731104348j:plain

 

容器周囲のジメジメが無くなり、スッキリしました。

 

今朝撮った写真です。

f:id:hidejirokun:20190731150537j:plain

 

未だ茶色っぽい部分がありますね。

でも、日に日に良くなるでしょう。

 

スナゴケの育て方

スナゴケの特徴を理解したり、観察して色々と解りました。

これからは、次の様な管理内容で育てていきます。 

<盛夏の管理>

  • 朝、たっぷりと水を与える
  • 容器を傾け、余分な水を出し切る
  • 半日陰に置く (長時間の直射日光は避ける)

暫く、この育て方で様子を見ます。

その他の苔も、観察しもって再生に取り組みます。 ^O^

 

次回は、青々としたコケを報告出来そうです!---(また言ってしまった! ><)

  

 

スポンサーリンク