どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

夏休みの宿題/レザークラフト黒色のペンケース/シニアの星へのプレゼント(その②完成)

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

夏休みの最後の宿題だった、レザークラフトのペンケースが完成しました。

 

www.hidejirokun.com

 

〔目次〕

 

菱目を開ける

前回、本体の接着を終えました。

f:id:hidejirokun:20190808222031j:plain

接着完了

今回は、「ヒシ目打ち」を用いて菱目穴を開けます。

先ず、「デバイダー」で「縫い線」をペンケースの外周に沿って引きます。

その縫い線上に菱目穴を開けます。

 

このデバイダーは、結構重宝しています。

f:id:hidejirokun:20190813115551j:plain
f:id:hidejirokun:20190813101006j:plain
f:id:hidejirokun:20190813101037j:plain
デバイダー

片方の先端に金属の小片を取り付けています。

これは、革の外周を沿わせた時に、滑って外れるのを避ける為です。

 

菱目の並びを奇麗にする

レザークラフトは、縫い目の仕上がりが、作品の出来栄えに大きく影響します。

縫い目を奇麗に仕上げるには、菱目の並びを乱れなく開けることが重要です。

色々やってきて、ヒシ目打ちの扱い方を改善しました。

 

①以前のヒシ目打ちの扱い 

f:id:hidejirokun:20190813103710j:plain

以前は、ヒシ目打ちを身体と並行にして打ち込んでいた。

これだと、ヒシ目打ちの先端が縫い線上をズレることが結構ある。

その結果、菱目穴がウネウネとなる。

 

②最近のヒシ目打ちの扱い

f:id:hidejirokun:20190813103746j:plain

最近は、ヒシ目打ちを身体と直角にして打ち込むことにしている。

これであれば、ヒシ目打ちの先端が、縫い線を外れることがない。

その結果、菱目穴のうねりや乱れが少なくなりました。

 

平縫い

糸は、「麻、細、白」を用いて縫い上げました。

f:id:hidejirokun:20190813101107j:plain

ヒラ縫い完了

 

最近は、縫い目も綺麗に揃うようになりましたよ。 ^0^

f:id:hidejirokun:20190813101735j:plain

ステッチ①

f:id:hidejirokun:20190813101806j:plain

ステッチ②

ステッチね!なんて言わないで下さいよ。 *O*

 

完成

ようやく完成しました。

黒革 も気品があっていいですね。 (^^♪  

裏貼りしているので、ちょっと高級感もあるかな?

f:id:hidejirokun:20190813101406j:plain

完成

このペンケース、ペンを2~3本収納できます。

外出時に携行するのにも、手ごろなサイズかなと思います。

f:id:hidejirokun:20190813155639j:plain

2本収納

f:id:hidejirokun:20190813155713j:plain

3本収納


プレゼント

もう直ぐ散髪に行く予定をしています。

散髪屋のオヤジさんには、その時にプレゼントします。(注1) ^O^

 (注1) 「山陽道一人歩きの踏破達成」を称えてのプレゼントです。

喜んでくれるかな?

 

www.hidejirokun.com

 

 

台風10号が来ています。

みなさん、気象情報を聞いて十分に注意して下さい。

  

スポンサーリンク