どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

エンジニアに憧れて!/中学生の思い出 読者登録数100名に感謝!

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

今日は、中学生時代の思い出です。

 

その前に、

先日、読者登録数が100名になりました。

ブログを続けて来れたのは、ひとえに訪問して下さる皆様のお陰です。

★マークを付けて頂き、コメント、ブコメを書き込んで頂き、そして読者登録して頂いたことは、とても励みになりました。

これからも、「ヒデジローのブログを覗いてみよう!」と言って頂ける記事を書いていきたい思います。

今後とも、よろしくお願い致します。

 

 

〔目次〕

 

小学生時代

少し小学生時代を振り返ってみたい。

 

www.hidejirokun.com

 

エンピツよりノコギリ

ヒデジローが小学生の頃、実家は木材関係の商売をしていた。

それで木のコロや板切れが、身近にあった。

元々工作が好きだったので、しょっちゅう板切れを切っては、釘を打っていた。

エンピツを握っているよりも、ノコギリを握っている方が多かった? *0*

 

f:id:hidejirokun:20190906230139j:plain

 

模型飛行機作りも楽しかったな~! ^^

 

中学生になって

中学生になると、理科や技術家庭の授業で実習があり、そちらに夢中になった。

文化祭になると、いつもヒデジローの作品が展示してあった。

自転車を分解したのもこの頃。

組み直した時に、何故か2~3個ネジが余ってた・・・? *0*

 

クラブ活動(ブラスバンド)にも一生懸命に取り組んだ。

女子にも少しモテたぞ!💘(控え目な表現ですよ ^^)

こうして、ヒデジローは青春真っただ中に突入していった!

 ♪♪ 君は何を今、見つめているの・・♬

 

東京オリンピック

中学二年生になると、東京オリンピック(1964)が開催された。

(一生の内で、二度も東京オリンピックを見ることになろうとは・・?)

 

f:id:hidejirokun:20190906224910j:plain

 

授業で、競技のテレビ観戦があった。

日の丸に熱狂した毎日だった。

  • バレーボールの東洋の魔女
  • 重量挙げの三宅義信選手
  • 体操の遠藤幸雄選手
  • 柔道のヘーシンク選手
  • マラソンの円谷幸吉選手

懐かしい選手の面々!

 

2大プロジェクト

この時期に、ヒデジローに取って興味ある出来事が続いた。

  • 国産飛行機YS-11の誕生
  • 東海道新幹線の開通

この二つの出来事は、何かしら熱く心に響くものがあった。

特に、飛行機の写真はよく眺めていた。

 

f:id:hidejirokun:20190906224844j:plain

 

将来の職業は?

二年生の時に、授業で作文を書くことになった。

テーマは、

「将来になりたいこと?」

だったと思う。

ヒデジローは、次の様な一文を入れた作文を書いた。

「YS-11の様な飛行機を作りたい。無理なら、テレビや洗濯機を作りたい。」

それを、級友がコメントすることになったと思う。

級友は、ヒデジローに次の様な言葉を述べてくれた。

「そんな弱気にならず、絶対に飛行機を作るべきだ!」🛩

と。

 

何故か級友のこの言葉は、今も覚えている。

この級友が誰かは忘れてしまったが・・・。

この頃から、エンジニアになりたいと考えていたようだった。

 

ちなみに、幼稚園の時は、

「パン屋さん」に成りたいと言っていたそうだ。🍞

(隣がパン屋さんだったから? **)

 

その後

その後進学し、卒業して就職した。

www.hidejirokun.com

 

メディカル関係の機器を製造する会社に就職した。

開発部門に席を置き、長く商品開発に携わってきた。

 

結局、飛行機に関わることは無かった。

しかし、中学生の頃に志した「エンジニア」には成ることが出来た。

その証となる特許出願や登録もした、報奨金も得た。

商品開発は苦しく苦労の連続だった!

それを乗り越え、続けられたのは、

周りによき人達が居て、助けられたからだと思っている。

開発を終えた時はホットすると共に、一人で静かに祝うのが似合ってた。

 

勤めを終えて

数年前に長く務めた会社を退職した。

今では、「メディカル事業」に携われたことに誇りを感じるている。

そして、あの級友の言葉は、「希望を育てる励まし」の言葉だったと感謝している。

級友に、エンジニアになったことを伝えたいが・・・。

また、いつか会えることがあるだろうか?

 

スポンサーリンク