どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

わが家の園芸/山野草-秋定番の白い可憐なウメバチソウ!

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

先日、山野草店で求めた ウメバチソウ を鉢に移し替えました。

 

〔目次〕

 

ウメバチソウ

ポットに入った状態です。

f:id:hidejirokun:20191002142139j:plain

小さな株だったので、手持ちの小鉢に移し替えました。

真っすぐ伸びて、凛とした姿ですね。

花が全て上向きに咲いているのが特徴です。

f:id:hidejirokun:20191002142406j:plain

 

やはり上から見た写真になりますね。

清楚な花のイメージです。

f:id:hidejirokun:20191002141422j:plain

 

◆ウメバチソウの概要◆

 科目 : ニシキギ科

      (以前はユキノシタ科)

 形態 : 多年草

 原産地: 北半球の温帯~亜寒帯

 草丈 : 15~30cm

 花色 : 白

 花期 : 9月~10月

 耐寒 : 強い

 耐暑 : 弱い

 植替え: 3月~4月中旬

 

特徴

ウメバチソウは、花径2~3cmで白いウメのような花を茎の先端に1輪咲かせます。

漢字では、「梅鉢草」と書きます。

日本各地に自生している山野草です。

やや湿原っぽいところや、川沿いの湿地に見られます。

夏から初秋にかけて高さ20~30cm程度の花茎を伸ばし、白い5弁の花をつけます。

花茎を真っすぐに伸ばし、上向きに咲き揃った姿は人気があります。

山野草としても秋の定番で、販売店でよく見かけます。

f:id:hidejirokun:20191002141714j:plain

 

種類としては、

  • 神津ウメバチソウ
  • 屋久島ウメバチソウ
  • 赤花ウメバチソウ

があります。

掲載している写真は、

神津ウメバチソウ です。

少し小型でずんぐりした感じで、育て易い品種とのことです。

 

ヒデジローの思い

真っすぐに伸びた花茎に、空を見上げる白い花はとても可愛いですね。

5弁の丸みを帯びた花の真ん中に 白い帽子 のような形は、 雌しべです。

雄しべは、その回りに5個あります。

f:id:hidejirokun:20191002134120j:plain

 

冒頭の写真は小株ですが、

来シーズンは株数を増やして、もう少し群生を鑑賞したいです。

姿勢がいいので、寄せ植えもいいかも知れませんね。

他の繊細な山野草とは異なり育て易そうで、ヒデジローのような初心者向きかな。

 

ウメバチソウを見ていると、

何だか「背筋を伸ばさなくっちゃ!」との思いになりますね。 ^_^

 

www.hidejirokun.com

 

www.hidejirokun.com

スポンサーリンク