どうするべぇ? ヒデジロー

会社をリタイアし、新たな生活に戸惑い「どうするべぇ?」と明るく悩むヒデジロー。日々ダイエットに励み、趣味の木工と釣りに情熱を燃やす。

趣味のレザークラフト/My工具を紹介・・始めてみませんか?(2/2)

 

こんちは どうするべぇ? のヒデジローです。

前回に続いて、レザークラフトのMy工具を紹介します。

 

f:id:hidejirokun:20191026201138j:plain

 

〔目次〕

 

My工具の紹介

レザークラフト始めたいと考えておられる方に、

ヒデジローが使用している工具を紹介します。

今回は、「菱目穴~コバ磨き(完成)」迄に使用する工具の紹介です。

 

製作工程順に紹介していきます。 

  • 必須の専用工具は、赤字で示しました。
  • 〔〕内は、ヒデジロー使用の代用品です。

 

4.縫い線引き 

菱目穴を開ける目印のラインを引きます。

4-1.デバイダー

直線部・曲線部に乱れの無い縫い線を引くには、デバイダーが最適かと思います。

f:id:hidejirokun:20191026193649j:plain

 

5.菱目穴

革の手縫いは、直接革に針を立てることは出来ません。

この為に、予め工具で穴を開けておきます。

菱目穴を開けることで、///// 状の綺麗なステッチが仕上がります。

 

5-1.ひし目打ち

写真が工具「ひし目打ち」です。

歯の間隔は、3mmピッチです。

4本組のセット品を購入しましたが、6本はほとんど使っていません。

f:id:hidejirokun:20191026153915j:plain

1本   2本   4本   6本

【購入時の注意事項】

  • ヒシ目打ちは、3mmピッチ、4mmピッチ、5mmピッチと有ります。
  • 小物類の製作には、3mmピッチがいいかと思います。
  • メーカーによって厚みが異なるので、同一商品で揃えましょう。
  (菱目穴の大きさが異なります)
  • この件は、次のブログで述べてるので参考にして下さい。 

趣味のレザークラフト 小物トレー(その④) ホック&完成&まとめ! - どうするべぇ? ヒデジロー


5-2.ハンマー 

このハンマーで、ひし目打ちを叩いて革に穴を開けます。

硬質ゴム製なのは、打音を小さくする為かと思います。

100均ショップでも売っていますね。

f:id:hidejirokun:20191026192535j:plain

 

5-3.ゴム板

硬質のゴム板上に、革を置いて菱目穴を開けます。

f:id:hidejirokun:20191026192805j:plain

 

60mm×140mmの大きさで間に合っています。

音を小さくする為に、ゴム板の下にクッションを敷いて使っています。

 

6.平縫い

菱目穴に、「平縫い」と言う縫い方で糸を縫います。

6-1.手縫い針

先端が丸く太目の専用針を使います。

平縫いでは、2本使用します。

f:id:hidejirokun:20191026194206j:plain

 

6-2.糸

麻糸がよく使われる様ですが、ポリエステル糸も使用されています。

写真左は、「麻、細、白」糸です。

糸は、縫い目の 5~6倍 の長さが必要です。

f:id:hidejirokun:20191026194443j:plain

白糸    染色糸

最初は、どの様な革色にも合う白糸が準備出来ればいいでしょう。

製作数を進めてくると色んな色が欲しくなるが、

ショップにはそれ程多くの色は置いてません。

この為、最近は自分で染めています。

写真の中央はオレンジの染色剤で染め、右は麦茶パックで染めました。

 

6-3.ロウ

糸に引くことで、毛羽立ち撚り戻りを防止します。

写真は使い込んだ姿です。

f:id:hidejirokun:20191026195318j:plain

 

蝋燭のロウでも使えますが、少し硬くてボロボロとします。

出来れば、専用のロウが使い易いです。

 

6-4.マグネット板

平縫いでは、糸の両端に針を付けます。

この為、糸が長い時は、針置きにマグネットを使っています。

針を探したり、もつれることが少なくなります。

f:id:hidejirokun:20191026200159j:plain

 

7.コバ磨き 

平縫いが終えたならば、コバ(端面)をヤスリで整え、磨き剤で磨きます

(前回取り上げたのですが、最終で使用するので移行しました)

 

7-1.ヘリ落とし

コバ磨きの前に、ヤスリ又はへり落としで端面の角を落とします。

製作を重ねてから入手されても遅くはありません。

f:id:hidejirokun:20191026234310j:plain

 

もし購入されるのであれば、革の厚さ1mm~2mm用になります。

 

-2.スリッカー〔代用:ヘリみがき〕

 コバ(端面)を滑らかで綺麗にする為に、

 磨き剤を塗ってスリッカーで磨きます。

 安価な「ヘリみがき」又は「木の丸棒」でも十分磨けます。

f:id:hidejirokun:20191024230112j:plain
f:id:hidejirokun:20191024221433j:plain
スリッカー    ヘリみがき

 

以上、「菱目穴~コバ磨き(完成)」までの工程で必要な工具類を紹介しました。

レザークラフトに興味がある方、やってみたい方は、参考にして頂ければと思います。

 

革材料は、最初「端切れセット品」を利用されるのがいいと思います。

1000円程度から販売されています。

ヒデジローは、端切れセット品を多用しています。

また、最初はキーホルダーやパスケースから製作されることをお勧めしなます。

第1作目のパスケースを通勤で使っています。 ^^ 

製作に関しては、今までのブログに詳細を掲載してきたので、参考にして下さい。

 

参考までに端切れセット品を上げておきます。 

   

 

  

 

 

 

www.hidejirokun.com

 

www.hidejirokun.com

www.hidejirokun.com

www.hidejirokun.com 

 

スポンサーリンク